一文なしだより

店名変更のお知らせ

蔵蔵より一文なしへ店名を変更しリニューアルオープン致しました。
引き続きご愛顧下さいます様お願い申し上げます。


待ちどおしかった【ひやおろし】ついに!
味わい豊かな【ひやおろし】。
ひと夏を涼しい蔵内で過ごし、香味が円熟、
旨みがのった秋のお酒をどうぞ。

メニューの詳細はコチラ


スタッフ急募!!

一緒にお店を盛り上げてくれるスタッフ募集中!
詳しくは直接ご連絡ください。




蔵元さんに行って参りました!
先日、宮崎県の蔵元さんにお邪魔しました。焼酎蔵の古澤醸造合名会社さんです。
蔵内を拝見させて頂き、仕込みの流れを丁寧に説明して頂きました。
焼酎蔵には珍しい麹室。
蔵独特の麹菌が舞い落ちる天井。
この麹菌によって香りと味を左右し、古澤さん独自のお酒が出来上がるそうです。
このように、細部に渡りこだわりと熱意をお聞きできました。
様々な焼酎もいただき、美味しい飲み方も教えていただきました。
また、宮崎の名所を一緒に巡っていただきました。
深い蒼い海、地平線が浮かび上がって、地球は本当にまるいことを感じました。
この南国の空気と広く碧い海、温かく受け入れてくれる人柄。
このような背景が、こんなにもまろやかでやさしく、いつまでも飲み続けたいと思うお酒をつくり出しているのだと感じました。
お料理もやさしいお味で、古澤さんの焼酎とよく合うことがわかります。
素晴らしい時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。
もう間もなく仕込みに入る時期です。
新しく生まれるお酒が楽しみです。

一文なしの紹介

暖簾

「日本酒ってこんなに美味しいんだ!」と感動してもらいたい。若い世代の方にも季節の手料理と日本酒を味わってもらいたい。そんなコンセプトで全国の蔵元さんから成る日本地酒協同組合が下北沢に開いた地酒蔵の新しい聖地・居酒屋です。

お客さまのお好みとお料理に、ぴったりな日本酒をお選びします。料理は季節の素材を使った旬のものをお出ししています。気分も体もほっこりできる手作り料理です。

カウンター席、テーブル席、掘りごたつの小上がり席があり、地酒ラベルたちが迎える独特な空間でお待ちしています。

1.日本酒の種類が豊富
一文なしは日本地酒協同組合直営店になっています。豊富な日本酒を低価格でご提供。 日本酒好きな方は是非足を運んでみて下さい。他居酒屋で日本酒を飲んで失敗したという経験がある方もきっと満足いただけます。 日本酒が始めて・苦手という方には飲みやすいものをご紹介致します。
2.翌日2時まで営業
たっぷり長い時間日本酒を楽しみたい方にぴったりです。
また、飲み足りなかったという時にもお気軽にお立ち寄り下さい。

一文なしのお酒

しぼりたて新酒、にごり酒、春酒、夏の生、ひやおろし、冬の燗酒・・・
一文なしの日本酒は、お客さまに季節の旬を感じていただくために、 約3ヶ月に1度の頻度で ガラリとその内容を変えていきます。

秋葉原には、直営の小売店『秋葉原地酒蔵』があり、ここから全て仕入れています。
常時200種類を超えるアイテムをご用意しており、全て試飲できるのもうれしいです。
めずらしいお酒をお祝いや贈り物にどうですか。

カウンター席

カウンター

今では珍しい一枚板の長いカウンターです。
お客様がゆっくりくつろげるように幅を広くしています。

手作りの椅子は長時間座っても全く疲れないと言う、ふしぎな木の椅子です。

テーブル席

テーブル

こじんまりと置かれているテーブル席。
お客さま同士の距離が近く感じられる、会話の弾む空間です。

小上がり席

個室と囲炉裏

四角い大きなテーブルをぐるりと囲む掘りごたつのお席です。
5~10名様でゆったりお過ごしいただけます。

日本地酒協同組合について

日本地酒協同組合は「地方の風土と人の心に培われ、育まれてきた、特色ある手作りの地酒を、より多くの愛飲家にお届けしたい。」という目的の下、
独自の商品開発と創意工夫を続ける全国各地の蔵元が集い、1975年大蔵大臣の認可により設立致しました。
設立当時、当組合の企画した「全国地酒頒布会」は市場に大いに受け入れられ、
昨今の地酒ブームの魁となり、いま活躍する全国地酒蔵元のビジネスモデルとなってきました。
そして時代の急激な変化に伴い、日本酒業界に新風を吹き込まんとする意欲的な組織として、
新たなる挑戦を続けています。

加盟蔵元地図はコチラ

オフィシャルホームページ